噂の看板娘 #01 天晴れ本店 ゆき『こう見えてお菓子づくりと〇〇が好き・・・』

編集部念願の企画、『噂の看板娘』がついにスタートです。記念すべき第一回に登場してくれた看板娘は居酒屋「天晴れ 本店」の”ゆきさん”。初対面にもかかわらず、まるで幼馴染みに向けられるような親しみある眩しい笑顔に即ノックアウトです。カメラマン小山の「美人を撮りたい衝動」が先走り、名刺交換もすっ飛ばして撮影が始まってしまいました。その端正なルックスとショートヘアから「女性のお客さんのファンが多い」というゆきさん。しかし、いざお話しを伺っていくと・・・・意外すぎる素顔が見えてきました。

噂の看板娘 vol.1『ショートカット美人 ゆき』 @天晴れ本店

編集部念願の企画、『噂の看板娘』がついにスタートです。

記念すべき第一回に登場してくれた看板娘は居酒屋「天晴れ 本店」の”ゆきさん”。

yukiko-13

yukiko-02

yukiko-08

yukiko-14

yukiko-27

yukiko-10

yukoko-19

yukiko-18

yukiko-17

yukiko-04

1

yukiko-12

いろいろ聞いちゃいました

初対面にもかかわらず、まるで幼馴染みに向けられるような親しみある眩しい笑顔に即ノックアウトです。カメラマン小山の「美人を撮りたい衝動」が先走り、名刺交換もすっ飛ばして撮影が始まってしまいました。その端正なルックスとショートヘアから「女性のお客さんのファンが多い」というゆきさん。

しかし、いざお話しを伺っていくと・・・・意外すぎる素顔が見えてきました。

yukiko-22

趣味や特技をおしえてください

(以下、ゆき)

ゆき:
男性スタッフからは見た目から「男前」とか「イケメン」とか、からかわれるんですけど、実はお菓子づくりとか大好きなんですよ。お花も好きだし、、、、こう見えて実は乙女なんです中身は!お菓子作りで言うと焼き菓子が得意で、クッキーやケーキなんかはしょっちゅう焼いては周囲の友達に配りまくってました。最近まで実家だったんですけど、実家からはキッチンを占領しておいて友達ばかりに配り切ってしまうのでブーブー言われていました。(笑)なんか、自分が食べるために作るよりも「美味しい!」とか喜んでもらう反応が嬉しくて。見た目は「宝塚系」とか「イケメン枠」とか言われるんですけどね。(苦笑)

ギャップ萌えする趣味ですね。今のお仕事に通じていますか?

ゆき:
それはありますね。やっぱり「おいしい」「ありがとう」が嬉しくて。お店でのお客さんの反応ももちろんですし、お菓子づくりでいうと実際、お店の常連さんのために毎年バースデーケーキを作っていました、3年連続で。ひょんなキッカケで頼まれてから毎年作ることになって、しかもすべて違うデザインという。その季節のフルーツを使ったりと、頑張りました〜!でも誕生日っていう大切な日に目玉となるケーキを私にオーダーしてくださるなんて嬉しくて。私、ケーキ屋さんでもないのに。(笑)

今は「天晴れ 本店」さんでどんなお仕事をしているんですか?

ゆき:
今年の5月から社員になって担当もホールからキッチンへ異動になりました。それまでは4年間、アルバイトとしてホールにいたんですが、実は元美容師だったりします・・・(笑)これからの進路を決断するまではアルバイトとしてランチと夜をかけもちして考えました。でも4年間アルバイトとして働いていたこのお店が本当に居心地が良くて、離れることは考えられませんでした。ふつう職場に嫌な人とか合わない人って一人くらいいるじゃないですか。いなかったんですよね〜。そしてちょうど美容師のほうで区切りがあったので、今年から社員として改めてこの「天晴れ 本店」で働く決意をしたんです。アルバイトと違うのはキッチンは社員しかできない仕事なので一気に学ぶことが増えました。もう、修行の日々です。大げさじゃないですけど、包丁の握り方とか、そういうレベルです。約半年経った今では魚もさばけるようになりましたし、自分なりに手応えというか成長を実感できています。全然まだまだなんですが!

そんなイキイキ働くゆきさん、お休みの日って何してるんですか?

ゆき:
ん〜・・・何もしてないかも?実家を出るまでは、それこそ大好きなお菓子づくりしてたんですけど、一人暮らししてからはまだオーブンとか調理器具を揃えきれていなくて。でも、またジワジワ始めようかな。あとは飲みに行ってますよ!知り合いのお店も行くし、新潟の情報誌や口コミで評判のいい新店に飲みに行ってます。そしてチェックしまくってますね。盛り付けとか、やっぱり気になりますし勉強になります。接客が気になるのはもう職業病ですね。「ああ、この人数で回してんのか〜」とか。(笑)

では、もし一週間の休暇があったらどこ行きたいですか?

ゆき:
沖縄!店内を見渡すと、沖縄チックなものがチラホラあるとおもうんですけど、たとえばグラスも琉球ガラス、カウンターには味のある古酒の亀が置かれていたりします。店長の「沖縄好き」の影響なんですよ。そしてアルバイト時代から耳にしていたのは、毎年社員旅行は沖縄!というからビッグチャンス★とか思っていたら、お店の10周年を記念して海外旅行になったんですよ。んで、韓国に行ってきました。(笑)でも私は韓流スターも韓国コスメも興味なかったんで、朝から晩まで飲んでいました。最高でした。

yukiko-29

ゆきさんから見て地元新潟の好きなところは?

ゆき:
やっぱり美味しい日本酒がたくさんあるところ。日本酒が大好きです!あとお米が美味しいですよね。出身地の豊栄(とよさか)は新鮮な野菜がたくさん取れるので誇らしく思うようになりました。キッチンに入って食材の重要さがわかるようになって、改めて実感しました。ん〜あとは、新潟ってお出かけスポットがもっとあればいいいんですけど・・・。

yukiko-03

ずばり、どんな男性が好きなんですか?

ゆき:
う~ん。これっていう特定の条件とかはないんですけど、嵐なら大野くん、V6ならイノッチですね。なんというか、ほっこり系?でも今までの彼氏は全員見事にタイプがバラバラでした!あはは。

う〜ん、もう少しゆきさんを知りたいです。ちょこっとだけ秘密を教えてください

ゆき:
秘密ってほどじゃないんですけど、(いるときは)彼氏の脇の匂いを嗅ぐことが好き♡ってことですかね。あれ?!変ですか?なんていうか、脇のしたのくぼみに顔を「かぽっ」て当てて、スーハーするかんじなんですけど。

ゆきさん・・・いいですね!ちなみに「Vネック男子」とかどうですか?

ゆき:
あ!いいですねいいですね、わかります。丸首よりも断然セクシーですよね、わかりますー。でもほっとするのはイノッチ、大野くん(笑)

そんなゆきさんが今、叶えたいことを書いてもらいました

yukiko-24

爽やかで眩しい笑顔!
キッチンに入ってしまったということですが、大丈夫です。

お店はオープンキッチンなのでバッチリゆきさんに会えますよ!みるみる腕を上げるゆきさんもまた魅力的。

★彼氏に立候補される方は「Vネック」で「ほっこり」した感じでご来店くださいね。

愛され慕われ10周年!

img_8987

「天晴れ 本店」さんは新潟市中央区万代にある人気の居酒屋。地元っ子に愛され慕われ昨年10周年を迎え、11年目に突入です。

そんな同店の看板メニューの「炊き餃子」はお客さんの大半がオーダーする定番人気ぶり。お店は二階席もあり貸し切りもOK!二人肩を並べてしっぽり飲むならカウンター席がおすすめです。とにかくお店のスタッフの明るさと居心地の良さがクセになって、常連になりたくなるお店です。

img_8982

yukiko-26

名物「炊き餃子」
お客さんの大半がオーダーするという定番商品

うに牛
出典:hotpepper.jp

「うに牛」
国産厳選ウニを、極上A5の村上牛にのせちゃいました!贅沢!

鉄板ホルモン炒め
出典:hotpepper.jp

「鉄板ホルモン炒め」
プリプリの和牛ホルモン+ざく切り野菜を鉄板で豪快に!!
〆はちゃんぽん麺を入れて焼きラーメンに!ご飯を入れてリゾットにしても◎

p024333068_480
出典:hotpepper.jp

「ズワイガニの甲羅詰め たっぷりいくらがけ」
食べた後は甲羅酒で乾杯!

天晴れ 本店

住所:新潟県新潟市中央区弁天1-3-5
電話番号:025-241-8088
営業時間:17:30~翌0:00(LO11:30)
定休日:無休
URL:ぐるなびHOT PEPPER食べログ

★オフショット★

img_8991

img_8996

スケッチブックに熱心に書き込むゆきさん

1

あ、上目遣い、いただきました!
可愛かったのでもう一度載せました。
まかないを食べるゆきさん。

img_8820

まかないはスタッフみんなで試食を兼ねてその日の「日替わりメニュー」を食べるとか
この日のまかないは「まいたけとエビのかき揚げ」

新潟駅から徒歩2分、駅前のアイドル「天晴れ 本店」のゆきさんにすっかり魅了された一日でした。

ゆきさん、素敵な時間をありがとうございました!!

img_8736-jpg-1

この記事のライター

のざわ

夫の転勤で4年前から新潟市中央区に住む2児の母。フリーライターとして新潟のこころ惹かれるスポットを探しては夜な夜な赤ワイン片手に記事を書いています。焼酎が苦手でスチャダラパーが好き。“ほどよい距離感”を心がける34歳ですどうも。

新潟 ホームページ制作
ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事