噂の看板娘 #02 Soi 麗菜『自分を変えたかった。秋田美人の新潟移住物語』

『噂の看板娘』第2弾は、新潟駅万代口から徒歩5分、元気で熱い接客が評判の「Soi(ソイ)」さんで働く‟麗菜(れいな)さん”です。秋田生まれというのも納得できる端正で凛としたお顔立ちの麗菜さんですが、いざ話しはじめると一変、柔らかく愛らしい笑顔を見せてくれました。長く住み慣れた山形を離れ、“Soiさんで働くために新潟移住を決意した”という麗菜さんからは芯の強さとピュアな熱意が伝わってきます。その行動力とSoiさんへの熱い想いをインタビューで一つ一つ丁寧にお話ししてもらいました。

噂の看板娘 #02『秋田美人、麗菜の新潟移住物語』@Soi

『噂の看板娘』第2弾は、居酒屋「Soi(ソイ)」の”麗菜(れいな)”さん。

soi-29

soi-05

soi-07

soi-10

soi-14

soi-11

soi-17

14

8

soi-12

soi-13

いろいろ聞いちゃいました

撮影中、ちょっと緊張している麗菜さんを「しっかりしろ〜〜!」と言ってスタッフさんにホッペをギュー!と引っ張られるシーンも。一気に場が和みました。でも、緊張してしまうのはそれだけ熱い想いと覚悟があるから。インタビューに一つ一つ丁寧に答えてくれる麗菜さんからは芯の強さと誠実な人柄が伺えました。とくに「Soiで働いているからこそ出せる自分がある」という言葉が印象的でした。

ー 麗菜さんのご出身はどちらですか?

麗菜:生まれは秋田なんですが、その後山形に引っ越してからずっと山形で暮らしていました。そして3年程前にSoiに出会って…Soiで働きたくて新潟に来ることを決意しました。

ー すごいですね!そこまで惚れ込んだSoiさんとの出会を教えてください。

麗菜:もともと兄が学生の頃から新潟で暮らしていたので、兄のところに遊びにいった際にSoiに連れて行ってもらったのがキッカケです。

ー Soiさんの第一印象を教えてください。

麗菜:とにかく元気!驚きました。(笑)でも、初めて行ったのに人見知りな私でもスタッフの人と楽しく話すことが出来て居心地が良かったのを覚えています。

soi-23

お花見前日に雨が降らないように、スタッフの皆さんで作ったというてるてる坊主。顔がすごいリアルです!豪雨でも晴れにしてくれそうなパワーを感じます。

ー なぜSoiさんで働こうと思われたんですか?

麗菜:
もともと飲食店で勤務していたのもあって、もっとサービス業(接客)を学びたいと思っていました。初めてSoiに行った時には居なかったんですが、2回目に行ったときに代表の山崎聡さんに会って、聡さんの接客に感動しました。そしてカウンターでお話しをしていくうちに「うちで働かないか」と誘われたのが最初の始まりです。

山形にいた時も接客業をしていましたけど、普段から人と話すのが苦手で…そんな当時の自分を変えたい!と思っていたところに思わぬお誘いだったので、すごく嬉しかったです。でも、その時は山形から新潟に移住するという不安もあってなかなか決断できず、曖昧な返事しかできませんでした。そのあと山形に帰ってから聡さんにfacebookでお礼のメッセージを送ったら、聡さんから返信がきて『挑戦なくして、成長なし』とメッセージをもらったんです。そこで決心がつきました。

ー 実際にSoiさんで働いてみてどうでしたか?

麗菜:
自分を変えたい!と思ってSoiに入った結果、自分を変えることができたと感じています。人見知りはまだ抜けないけど、人と関わること自体が好きになりました。今はもっとお客さんに喜んでもらいたいので、いつもどうすればお客さんが喜んでくれるか考えています。喜んでもらえるとすごく嬉しいし、この感覚はSoiで働いたからこそです!

soi-27

麗菜さんイチオシの「自家製レスカサワー」は甘味と酸味の絶妙なハーモニーがオススメ。

ー 逆に大変なことはありますか?

麗菜:料理やお酒の内容は季節によって変わっていくので、その知識を覚えたりお客さんに分かりやすく説明することが難しいです。

ー 山形から新潟に来て驚いたことを教えてください。

麗菜:「人との繋がりが深いところ」です。新潟を盛り上げよう!新潟を元気にしよう!とみんなで新潟を盛り上げようとしているのには、びっくりしました。飲食店だけではなく他の業界もそうで、熱い志の方が多いなと思いました。

ー 尊敬する人はいますか?

麗菜:
Soiオーナー山崎聡さん(株式会社Elevation代表取締役)です。もともと聡さんの接客に感動して入ったのもあって、接客はもちろんなんですが…Soiに入ってさらに凄いと思ったのが、人の良いところを見つけてくれるところです。自分自身を含めて人の良いところ見を見つけるのってそんなに簡単じゃないけど、聡さんは一人ひとりに寄り添ってその人の良さを引き出してくれるんです。

こんなに寄り添ってくれる方はいないと思います。私自身は「人に矢印を向けた時、(相手のことを考えるとき)その人が何を求めてるかを考えられることが出来るところ」が良いところだと言って下さいました。みんな聡さんに出会った人は変わっていきますね。

soi-24

お客様が書かれた似顔絵、上手い!!

麗菜さんの好きなことについて教えて下さい

ー 好きな食べ物は何ですか?

麗菜:新潟名物「タレカツ丼」です。「政家(まつりや)」によく行きます。

ー お酒は好きですか?好きな銘柄が知りたいです。

麗菜:好きです。銘柄は「北雪 大吟醸YK35」です。Soiでも取り扱っているので是非!お客様からも大人気なんですよ。「新潟のお酒はやっぱり美味しいね」って言われます。最近ハマっているのはハイボール!ハイボールって今までどれも同じと思ってたんですけど、「山崎」とか「白州」とかウイスキーの種類によって全然味がちがうので味や香りを楽しめるのが好きです。

soi-26

麗菜さんオススメの日本酒「北雪 大吟醸YK35」。もちろんSoiさんでも飲めます◎

ー 麗菜さんの休日の過ごし方が気になります。

麗菜:休みの日はわりと一人で飲みに行ってます!毎回決まったお店があるわけじゃないんですけど、いろんなお店に行ってお酒を楽しんだり、他のお店の良いところや接客などを見て勉強しています。

麗菜さんが“大切にしていること”を恒例のスケッチブックに書いてもらいました。

soi-28

手書きのスケッチブックを手にお店の前で笑顔を見せてくれた麗菜さん。ご自身の経験もあり、人との出逢いやつながりを大事にしているそうです。Soiさんで自分を変えたくて新潟移住を決意した麗菜さんは丁寧な受け答えと女性らしい心遣いが魅力的な大人の女性。ここは一人一人の魅力を最大限に引き出してくれる大切な場所なのですね。

そんなパワースポットとも呼べるSoiさんで麗菜さんの笑顔に癒やされながら美味しいお酒とお料理を堪能したい。。。。

と、思ったアナタ、満足すること間違いなしです◎

メディア実績多数!「地産地消×産地直送」なSoiイチオシメニュー

【地産地消】新潟の旨いもんを厳選! 【産地直送】旬の食材は全国から!

Soiさんのこだわりは、地産地消×産地直送ということ。新潟の農家さんと連携しながら、常に新鮮な食材を使って美味しい料理を提供してくれます。料理長自ら市場に足を運び、新鮮な魚や食材を仕入れています。

全国の飲食店の日本一を決める大会「居酒屋甲子園」で準優勝!という実績もあります。

soi-25

s_001r
出典:r.gnavi.co.jp

『スカンピエビのアメリカンソーススパゲッティ』 ¥1,280-

Soiオープンの2002年から絶大な支持を得ている通称”エビスパ”。オリジナル生パスタが濃厚ソースと絡みます。ソースは残さずバケットで食べるのがオススメです。

attachment-1-4
出典:gnavi.co.jp

『豚のJAMES』 ¥680-/¥980-

16時間低温でじっくり煮込み、鉄板で焼き秘伝のガーリックソースで仕上げた五感を刺激する逸品!鉄板部門人気NO.1です。

soi-2
出典:gnavi.co.jp/

『和牛もつ鍋』 一人前¥1,280-

定番のしょうゆ味、極上みそ味、辛旨辛みそ味の3種。週三回の定期便で来るスーパーフレッシュな和牛物なので臭みがありません。上質なコラーゲンがたっぷりついてお肌がプリップリに。

お祝いパワーに笑顔炸裂★サプライズもおまかせあれ

4030ffccc9304c83f92e0661adf878904-897x300
出典:soi.jp

サプライズなどお客様の誕生日や記念日はお店全体でお祝いしてくれることでも人気のSoiさん。『大成功!』の看板を掲げた写真が楽しそうなフォトギャラリーはこちら

とびきり美味いしいものを食べたい人、めっちゃ元気になりたい人、仲間との楽しい時間を過ごしたい人は是非、熱い接客!Soiさんへご来店を!

店舗情報

住所:新潟県新潟市中央区万代1-2-6 トーカンマンション1F
   JR新潟駅万代口徒歩5分/万代 新潟情報専門学校 斜め向かい
電話番号:025-241-4818
営業時間:月~木18:00~01:00(L.O.24:00)金・土・祝前18:00~02:00(L.o.01:00)
定休日:不定休・日曜営業
URL:ホームページ

☆オフショット☆

soi-18

soi-21

「麗菜!お前固いよ!リラックス~!」(笑)と、和ませてくれるお兄さんスタッフ。

soi-20

16

7

10

12

13

15

新潟 ホームページ制作
ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事