名物“半身揚げ”だけじゃない!五泉の人気店「とりかん」のタレカツ重が激ウマだった

新潟県五泉市(ごせんし)は越後平野の東に位置し、春にはチューリップ祭りでにぎわい、秋には里芋の人気ブランド「帛乙女(きぬおとめ」)などの農作物が豊かに実り、また製造業では「五泉ニット」で知られる土地です。そんな五泉市の地元民から愛されるB級グルメといえば“半身揚げ”。これは鶏の半身をカレー味の衣でカリッカリに揚げた、いわばデッカい唐揚げです。カレーラーメンにバスセンターのカレー、カレー味のヤキソバにカレー味の唐揚げ・・・新潟県民はカレー味がとにかく大好き!今回はこの半身揚げの名店「とりかん」さんで、地元っ子が敢えてオーダーする“半身揚げ以外”の超人気メニューをオーダーしてみました。

五泉市グルメと言えば半身揚げ、半身揚げと言えば「とりかん」だけど・・・

新潟県五泉市(ごせんし)は越後平野の東に位置し、春にはチューリップ祭りでにぎわい、秋には里芋の人気ブランド「帛乙女(きぬおとめ」)などの農作物が豊かに実り、また製造業では「五泉ニット」で知られる土地です。そんな五泉市の地元民から愛されるB級グルメといえば“半身揚げ”。これは鶏の半身をカレー風味の衣でカリッカリに揚げた、いわばデッカい唐揚げです。

カレーラーメンにバスセンターのカレー、カレー味のヤキソバにカレー味の唐揚げ・・・
新潟県民はカレー味がとにかく大好き

今回はこの半身揚げの名店「とりかん」さんで、地元っ子が敢えてオーダーする“半身揚げ以外”の超人気メニューがあると聞きつけたので早速行ってみることに。
※「とりかん」さんでは「半身から揚げ」が正式メニュー名

なんでも「中毒性」があるんだとか・・・
またまた。そんな。ということでまずは五泉市へ。

img_9961

新潟らしい曇天に誇らしげにそびえ立つモダンな2階建て店舗「とりかん」さん。ここの名物“半身揚げ”はとにかく人気でクリスマス前には伊勢丹さんの地下惣菜コーナーに期間限定出店しているくらいなのです。

右上の黄色いマークはカレー風味の衣を意味しているのでしょうか。(って写真見切れてるー!)

お昼ピークをちょっと外して行きましたがボードに名前を記入し、しばしご案内待ち。
(へい、ひらがなで!ってしつこく書いてあるのにカタカナで書くなんて。すみません。。。)

img_9963

大きな窓と明るいトーンの木がふんだんに使われた店内は開放的で気持ちが良いです。

img_9964

カウンター席と板張りの小上がり席があり、小上がり席にはファミリーがたくさんでした。新潟は東京都内に比べて、小上がり席が多いなど圧倒的にファミリー仕様になっている飲食店が多いので嬉しいですね。

さてさて。
今日のお目当ては、と。

こちらメニューでございます。
もちろんございます。名物“半身から揚げ”。

img_9966

img_9967

でも、今日のお目当ては、ふふふ。

『かつ重(650円)』でございます。

でもやっぱり「あの衣」も堪能したいので「ももから揚げ定食(1,000円)」もオーダーです。

当店看板メニューとして「から揚げ定食(半身)」と「小間切り定食(四ツ切)」がクッキリと書かれているのに。すみません。
※小さい子供が同伴していたため骨ナシかつ柔らかさを重視しました。

隠れた超人気メニュー『かつ重』とは

img_9971

「とりかん」さんには隠れた人気メニューがあるのです。

新潟の名物グルメに「タレかつ丼」があるのはご存じの方も多いと思いますが、なんと「とりかん」さんの「タレかつ」は鶏肉でできているんです。まあ、鶏料理のお店ですから自然と言えば自然なんですが。でも、普段豚肉のタレかつを食べている身としては体験してみないと。

ということで、実食!!

img_9972

サクサクの衣に甘じょっぱいタレがた〜っぷり。

img_9977

「・・・あっ!軽い」

鶏肉特有のパサパサ感が全く無く、それでいて唐揚げのもも肉のような肉汁滴る感も無く、、、、

とにかく「ふんわり」なんです。として鶏肉ならではの甘み旨味がタレと絡んで、とっっっても美味しい!てか旨い!

ふと、隣をみたら「ええ、地元民です。」といった感じの大人のご家族3人が全員この「かつ重」を召し上がっていました。
3人全員ですよ?

普通は「え〜〜私かつ重頼むからお母さん唐揚げにして、かつ半分と唐揚げ1個トレードしよ〜よ〜」などと超ドメスティックな駆け引きが行われるはずなのですが、全員黙々とかつ重の蓋を開けて「これこれ」みたいな感じで頬張っていらっしゃいました。私より後からいらしたのですが、メニューを一瞥してほぼ迷うこと無く注文していたので、相当通い慣れているか「もうとりかん来たらコレよ」と決まっているかのようでした。

なんとなくお得感あり?「ももから揚げ定食」&「小間切定食」

img_9986

「カシュッ・・・!」

これが「ももから揚げ定食」を一口食べた時の音です。

いっそ、この衣をいい感じの大きさに揚げて「とりかんの“あの衣”スナック」とか適当に名前を付けてスーパーのサラダホープの隣あたりで売れるんじゃない?などと一瞬考えてしまうほどの美味しさです。衣を食べに来た人もいるんじゃないでしょうか。(ま、まさかね)

もちろん、もちろん鶏肉はにやけるほどジューシーで柔らかです。小さなお子様もアクティブシニアの方々も脇目もふらずかぶりついていました。小間切れ定食は骨があるのでガンガン食べ進めて行くと漫画みたいな骨の山ができてゆきます。達成感がありそう。

あれ?この美味しい衣、半身揚げより多くない?

img_9983

お気づきでしょうか。「とりかん」さんの名物“半身揚げ”よりもぶつ切りにしてある「ももから揚げ」「小間切」の方がこの衣をたっぷり味わえるのです。単純に表面積の問題なのですが。なんというか、別物として考えたほうが二度美味しい感じがします。半身揚げはクリスマスのチキンに近い感じ。ナイフで骨から美味しいところを切り分けて・・・とか言って最終的にかぶりつく感じ。

唐揚げは目一杯「カシュッ!ジュワ〜」を味わうプレミアム唐揚げみたいな感じでしょうか。ご飯の量半分でいいから唐揚げもう1個増やして欲しい、などと思うほど味付けも濃くなく薄くなく、あと引く旨さです。

単なる「カレー味」じゃなかった

fullsizerender

「とりかん」さんのから揚げたちは単純に「カレー味」なのではなく、あくまでカレー風味の衣。ニンニクやスパイスの香りが口中に広がります。そしてお肉は、しっかりと漬け込んだ独自のタレの旨味があって、頬張るごとにジューシーで非常に美味しいです。

これは家庭で作る唐揚げとは違う味わいと言えそうです。

う〜む、確かに「中毒性」あり!

メリー★クリスマスは「とりかん」で?!

クリスマスにジューシーなチキン。これは定番ですが、新潟ではクリスマスに「とりかんの半身揚げ」が定番なんていうお家もありそうです。

というのも、「とりかん」さんのメニューにはクリスマスのご予約承ります!の大きな文字がビビッドに。

img_9966

店舗情報

住所:新潟県五泉市旭町7-1
電話番号:0250-42-1430
営業時間:ランチ:11:00〜14:00 LO13:30、ディナー:16:30〜23:00 LO22:00
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)

ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事