新潟のB級グルメ「タレカツ丼」おすすめの人気店まとめ!甘じょっぱいタレでご飯が止まらない!

新潟県民イチオシのB級グルメ「タレカツ丼」。 タレにくぐらせたカツをご飯の上にのせるという、シンプルなもの。 丼いっぱいに盛られたカツはボリューム感たっぷりで男子には嬉しい。女子も見かけに圧倒されますが、甘辛いタレにハマり、意外とペロリと食べることが出来ます。 素材やタレ、揚げ方に至るまで、それぞれのお店に、独自のこだわりと秘伝があるのが面白いところ。 食べごたえがあるのに、食べ飽きない、根強い人気が熱い!新潟の「タレカツ丼」!

新潟名物

※記事に記載されている店舗情報やプラン内容は変更されている場合があります。詳細については公式ホームページやお電話等でご確認ください。

タレかつ丼って何?

鎖国時代の終わりに開港され、五港都市の一つとして西洋料理が盛んになった新潟市。その新潟市で、昭和初期から長い間に渡って愛され食されてきたのがタレカツ丼です。

一般的に全国で食べられている、玉子でとじた「カツ丼」とは違い、新潟のタレカツ丼は揚げたてトンカツをそのまま甘じょっぱいタレにくぐらせてご飯にのせるという非常にシンプルなものです。

新潟市街では卵とじの一般的なカツ丼を提供するお店はあまり無く、「カツ丼」=「タレカツ丼」になります。「タレカツ丼」という呼称は、県外の方にもわかりやすくするために後からつけられたものです。

タレかつの歴史

kaneko
出典:shop.ng-life.jp

新潟県民に愛されている人気のタレカツ丼屋さん

新潟のタレカツ丼は薄めのパン粉で揚げている店が多く、サクッとした食感はカツ丼とは異なる旨さがあります。

新潟県内でも人気のお店をご紹介します!

とんかつ太郎

s_3015567_2
出典:gnavi.co.jp

新潟タレカツ丼発祥の店といえばここ、「とんかつ太郎」です。

新潟市の中心部はかつて、船による物資の運搬の為にお堀が張り巡らせてあり、「水の都」と呼ばれていました。

この堀のほとりに当時は様々な屋台が並んでいたそうですが、その中の一つに「とんかつ太郎」創業者である、小松道太郎氏が引く屋台がありました。

屋台から始まったとんかつ太郎の歴史は、昭和初期当時モダン料理だったカツレツを、醤油タレにつけてご飯にのせて提供したのがきっかけ。

とんかつ太郎は、テレビなどの取材は一切NGということで、メディアでの露出は多くありませんが、地元では、「タレカツ丼といえばとんかつ太郎」!!と言われる程、熱烈なファンも多いです。

img_7299

とんかつ太郎の特徴は、濃口の醤油ベースのタレ。新潟県のタレカツ丼は甘辛いタレが多いのですが、甘すぎずキツ過ぎない味。

肉の厚さとタレのバランスが丁度良く、量のわりに、胸やけせずにサラッと食べれます。「とんかつ太郎 分店」もあるので、要チェック。

新潟名物タレカツ丼を「とんかつ太郎 分店」で”ツウっぽく”たしなむ方法

新潟直送計画で販売中!

新潟タレカツセット – とんかつ太郎

店舗情報

■とんかつ太郎 本店
住所:新潟市中央区古町6番町973番地
営業時間:11:30~14:30 / 17:00~20:00
定休日:木曜日、第三水曜日(夜のみ)
URL:ホームページ

■とんかつ太郎 分店
住所:新潟県新潟市中央区文京町9-18
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~20:00
定休日:木曜日

とんかつ政ちゃん/政家(まつりや)

masa-2

新潟県内に多くの店舗を持つ、「とんかつ政ちゃん」。テレビ番組やラジオでも多く取り上げられている人気店です。

創業者である高橋正光氏が、タレカツ丼の元祖「とんかつ太郎」で修行した後、昭和40年に独立して、新潟市沼垂に「とんかつ政ちゃん」を開店したのが始まりなのだそうです。

旨さの秘密は、継ぎ足しながら、長年の年月を積み重ねて熟成された秘伝の「タレ」。溢れる肉汁と甘辛のタレ、そしてピカピカの新潟産コシヒカリとの相性は抜群です!

img_0877

細引きのパン粉は、タレに漬けてもサクサクの食感が残っていて、一口食べるとジュワッと醤油の風味がいっきに広がります。

img_0879

二段盛りの特製カツ丼はこのボリューム。ふたが閉まりません。

新潟の絶品白米の上に乗った、甘辛カツは飽きずに永遠と食べることが出来るとの声が。
タレカツ丼にお味噌汁や漬物が付くなど品数が多く、多彩なメニューが魅力的。

また、沼津本店の他、牡丹山、青山店、イオンモール新発田など4店舗あり、セカンドブランドとしての新潟かつ丼政家「まつりや」、新潟かつ丼MATSURIYA、などの姉妹店も多く、行きやすいことがありがたいです。新潟かつ丼MATSURIYA松崎店は、なんとドライブスルーもあります!

どこでも気軽に食べれて、新潟のタレかつ丼といえばここ!という代表的なお店です。

店舗情報

■とんかつ政ちゃん 沼垂本店
新潟県新潟市中央区沼垂東5-12-1
Google MAP

■とんかつ政ちゃん 牡丹山店
新潟県新潟市東区牡丹山1-25-12
Google MAP

■とんかつ政ちゃん 青山店
新潟県新潟市西区青山170-4
Google MAP

■とんかつ政ちゃん イオンモール新発田店
新潟県新発田市住吉町5-11-5
Google MAP

■政家 新潟駅南店
新潟県新潟市中央区南笹口1-1-1ひもろぎビル2F(ドンキホーテ2F)
Google MAP

■政家 Dekky401店
新潟県新潟市中央区上近江4丁目12−20 Dekky401
Google MAP

■政家 新潟寺尾店
新潟県新潟市西区寺尾朝日通11-9
Google MAP

■政家 新潟松崎店
新潟県新潟市東区松崎863-1
Google MAP

ぐりる かんだ


出典:www.week.co.jp

新潟駅万代口から徒歩5分のところにある40年以上続く老舗の洋食屋さん「ぐりる かんだ」

タレカツ丼以外にもハンバーグやしょうが焼き、カツカレーなど昔ながらの洋食屋さんの味が楽しめるお店です!!

そんな「ぐりる かんだ」が提供するタレカツ丼はこちら!

で、でかい・・・(笑)

タレカツにはヒレ肉を使っているので、サクッとした食感と柔らかな食感の両方が味わえます!
タレカツがはみ出るくらいに乗ったタレカツ丼にサラダとみそ汁がついて800円はめちゃめちゃお得!

実はもう1つおすすめのメニューがあります!それが盛り合わせ定食


出典:www.week.co.jp

タレカツではないのですが、カツ・しょうが焼き・ハンバーグが一つのお皿の上に盛り合わせた豪華な一品です!こちらはなんと750円
豪華なのにとてもお得なのでご飯が何杯も進みそうです!

タレカツ丼と一緒にいろいろなお肉を使ったメニューを楽しむことができるお店です。

店舗情報

■ぐりる かんだ
住所:新潟県新潟市中央区東大通1-5-21
電話番号:025-246-0820
営業時間:11:30~14:00, 17:30~未定(材料がなくなり次第)
定休日:日曜日

新潟かつ一


出典:www.katsuiti.com

新潟市西区と南区にお店を構えるとんかつ専門店「新潟かつ一」

とんかつ専門店なので、タレカツのみならず美味しいとんかつ定食なども提供しているお店です。
お店のこだわりは「しろねポーク」という新潟の最高級ブランド肉を使用していること!

「しろねポーク」はビタミンB1の含有量が牛肉の10倍あり、疲労回復や老化防止、また美容効果もあるなど健康にいい豚肉です。また生産量の少なさから幻の豚肉と呼ばれることもあります。

そんなしろねポークを使ったタレカツ丼はこちら!

メニュー名が「新潟タレカツ重」とだけあって少し高級感が漂っています。

ブランド豚を使っているとだけあって、お値段は1706円と少しお高めですが、普段口にすることのできない「しろねポーク」のタレカツ丼をぜひ一度ご賞味ください!

店舗情報

■新潟かつ一 白根店
住所:新潟県新潟市南区茨曽根2897
電話番号:025-375-3830
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休
URL:www.katsuiti.com

■新潟かつ一 新潟内野店
住所:新潟市西区新通西2-21-17
電話番号:025-261-0787
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休

とんかつ 松吉

タレカツの元祖「とんかつ太郎」の分店である「とんかつ 松吉」
お店は新潟県庁周辺の住宅街にあります。まさに名店は路地裏にありといったところでしょうか。

とんかつ太郎の分店というので、どんなタレカツ丼が出てくるのか気になりますね~
これがとんかつ松吉のタレカツ丼です!

う、うまそう!!!

「とんかつ 松吉」のタレカツ丼の特徴は、丼の上だけでなく、ご飯とご飯の間にもタレカツが挟まっていること!
贅沢すぎてよだれが出てきそうな一品ですね!

まさに裏路地ならぬ住宅街にある名店!とんかつ太郎の味を受け継ぐ隠れた名店です!

店舗情報

■とんかつ 松吉
住所:新潟県新潟市中央区網川原2-17-13
電話番号:025-285-7324
営業時間:11:00~14:00, 17:00~20:00(祝日は昼営業のみ)
定休日:日曜日

喜ぐち

View this post on Instagram

さて…夕飯♫50歳最後の食事はタタキ/釜飯/エビフライ(^_^)

Hiroaki Takahashiさん(@takanet)がシェアした投稿 –

有名人もお忍びで通うほど有名な居酒屋「喜ぐち」
場所は古町通りの奥、10番町の商店街にあります。

あの吉田類の酒場放浪記という番組で紹介されたこともあり、深夜でも賑わいを見せるお店!
居酒屋なので様々なメニューが並びますが、もちろんタレカツもあります!

View this post on Instagram

新潟ナイトの〆は #タレかつ丼 !新潟名物=タレかつ丼というのは全く知らなかったのですが、食事を取っていた居酒屋 #喜ぐち のトイレに「タレかつ丼お店マップ」なるものが掲出されており、これは!と思って思わず注文してしまいました😋😋😋 . まさに、適切なタイミングでのレコメンデーションによる、クロスセルのコンバージョンってやつね!笑 . 長年継ぎ足した甘辛のタレが一口カツにかかっており、しっとりとした優しい美味しさを楽しむことができました。ごちそうさまでした🙏 . #ねもぱい新潟 #新潟旅行 . #喜ぐち#居酒屋#〆のカツ丼#カツ丼#かつ丼#タレカツ丼#新潟名物#新潟グルメ#古町#新潟古町#丼#丼もの#カツ#とんかつ#タレ#うまい#izakaya#katsudon#japan#和食#gourmet #新潟ナイト#dinner#新潟#新潟ふるまち#酒場放浪記

ねもぱい #LCC激安トラベラーさん(@nemopai)がシェアした投稿 –

今まで紹介してきたタレカツ丼の中では小さめのサイズです。
ただそこは居酒屋で提供するタレカツ丼!お酒の〆にもってこいのサイズ感です!

いままでお酒の〆にラーメンしか食べてこなかったそこのあなた!!
たまには〆のタレカツ丼っていうのもいかがですか?

店舗情報

■喜ぐち
住所:新潟県新潟市中央区古町通10-1720
電話番号:025-224-9075
営業時間:18:00~4:00
定休日:日曜日

最後に!

いかがでしたでしょうか?元祖タレカツのお店から、人気の居酒屋まで様々なお店でタレカツ丼を召し上がることができます!

新潟にはまだまだたくさんタレカツ丼を楽しめるお店がたくさんあります!
実は新潟タレかつ丼お店マップというものがあるので、こちらもチェックしてみてください!

※記事に記載されている店舗情報やプラン内容は変更されている場合があります。詳細については公式ホームページやお電話等でご確認ください。

新潟 ホームページ制作
飲食店応援特集

この記事が気に入ったらフォローしよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事