新之助の米粉100%使用した大阪屋のお米ロールがウマ過ぎた!!

米どころ新潟が7年の歳月をかけて開発した新しい新潟米「新之助」。2017年今秋、いよいよ発売開始です!これに伴い、県内では新之助の関連商品が次々登場!今回は、9月から大阪屋が発売している新之助の米粉を100%使用したロールケーキ「お米ロール」を実際に食べてみました。

いよいよ発売!水稲新品種「新之助」

日本一栽培が難しいと言われたコシヒカリをトップブランドへ育てた新潟の、農家の伝統。
米どころとして全国に名を馳せてきた新潟が、また新たな「米づくり」に挑戦し、そして誕生した新潟米が「新之助」です。

平成20年に開発を始め、平成27年に完成。
平成29年の今秋、一般販売が開始されることとなりました。


出典:shinnosuke.niigata

新之助の開発において、新潟県は現代の食風景と向き合いました。

食の多様化に伴うニーズに対して新たなおいしさを提供できる新品種を目指すとともに、地球温暖化の進行にも備えるため、稲が稔る時期が遅く、収穫期前の暑さを避けることで食味・品質面で安定しやすい晩生品種を選びました。

新之助の詳しい内容についての記事はこちらから「新潟県が7年をかけて開発した新ブランド米「新之助」!を実際にコシヒカリと食べ比べてみた」

前述した食の多様化に伴うニーズに対しては、新之助の発売に合わせ、これを使用した様々な関連商品が生まれています。

新潟の菓子店「大阪屋」のお米ロール

今回は新之助を使用した関連商品の中から、この9月より発売されています大阪屋のお米ロールをご紹介します。

150年以上の歴史をもつ新潟の老舗菓子店

大阪屋は、新潟県民ならだれもが知っているであろう有名店。

どら焼きやシュークリームが安売りになった時はついつい買っちゃう♪って人も多いのではないでしょうか?

個人的には醤油餅が好き(笑)あの食感と甘しょっぱい味がたまに恋しくなる…

そしてお土産や贈り物では、「万代太鼓」や「ユーロパイ」、「流れ梅」がお馴染みですよね!


出典:shop.ng-life.jp

大阪屋の創業は安政5年(1858年)。初代である岡嘉平が大阪で菓子の修行を積んだ後、新潟に移住。

現在の新潟市に「浪花堂大阪屋」を開店させ、その後「大阪屋」に店名を変更しました。

新潟の菓子店なのに、何で「大阪屋」なの?って思っていたのは私だけじゃないはず!

大阪屋のすごいところは、創業から150年以上経った今でも時代のニーズに合わせて積極的に新商品を開発しているところ!

新潟の枝豆やル・レクチェを使ったお菓子をはじめ、季節商品も充実しています。ショートケーキの種類も豊富!

ー 新潟直送計画でも販売中

新潟銘菓 万代太鼓 – 大阪屋

実際に食べてみた

さっそく大阪屋へ行ってお米ロールを購入。

以前、大阪屋ではコシヒカリの米粉を使ったロールケーキも販売していましたが、今は新之助のお米ロールのみ。

お店の人のお話によると、米粉のロールケーキの生地は、コシヒカリを使用した際はしっとり焼き上がり、新之助を使用したらふっくら焼きあがったとのこと。

食べ比べ、してみたかったな…

すぐに自宅で実食。

うぁ!お話通り、生地がふわっふわ!!

中は栗と二種類のクリームで、結構ガッツリ甘いです

美味しい!

いや、ばかうまい!!

以前、ロールケーキパラダイスでいろいろなお店のロールケーキ食べてみたけれど、間違いなく、これ、上位にランクインします!!

来年のロールケーキパラダイスに出店して欲しいな♪

ぜったい一度は食べてみて!

そしてこのロールケーキ。今は栗入りですが、今後は季節によっていろいろなバージョンが登場するらしい!!

ル・レクチェや越後姫バージョンとかも登場しちゃうのかな??

ワクワク♪

2016年に県外への新しい販路を開拓する専属部署を儲けた大阪屋。このロールケーキは間違いなく新之助の米ブランドと共に、県外へアピールすべく逸品になりそうです。

皆様もぜったい一度は食べてみてくださいね!!

その他の関連商品

最後に、これまで販売した、そしてこれから販売予定の関連商品をご紹介します。

機内食にて新之助を提供/日本航空㈱


出典:shinnosuke.niigata

機内食で新之助を提供!県内外、そして外国人観光客に新之助の美味しさを知って頂くことができるのは嬉しいですね!

えんがわ押し寿司(駅弁当)/㈱日本レストランエンタプライズ


出典:shinnosuke.niigata

新潟駅、東京駅、大宮駅、仙台駅及び新幹線の一部列車内で販売中。

こちらもよいアピールになりそうですね!

新之助を使用した味噌「津川のうまい味噌」/津川よしだや


出典:shinnosuke.niigata

・「あやこがね“新之助”味噌」  700円(税込)※500g
・「北海道大豆“新之助”味噌」 900円(税込)※500g

津川よしだや、新潟伊勢丹、新潟ふるさと村、新潟空港アカシア売店、 道の駅「阿賀の里」、 磐越自動車道「阿賀野川SA」、表参道新潟館ネスパス ほかで購入できます。

販売開始は10月1日(日)〜
※津川よしだや、新潟伊勢丹は平成29年9月27日(水)より販売を開始。

新之助を使用した甘酒「峰村醸造のあまざけ」/㈱峰村商店


出典:shinnosuke.niigata.jp

972円(税込)※900ml
 峰村醸造 直売店、新潟県内原信 全店にて販売中。

きっと、これからもどんどん新之助を使った新しい商品が登場しそうですね!

新之助に関する情報はこちらhttp://shinnosuke.niigata.jp/

㈱大阪屋 本社

住所:新潟県新潟市江南区大渕1631番地8
電話番号:0120-211-435
営業時間:8:00~17:00
URL:http://www.niigata-osakaya.com/

新潟 ホームページ制作
ライター募集

この記事が気に入ったらフォローしよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

新潟の飲食店・フード系バイト求人情報

編集部からのオススメ記事