日本酒初心者や女性におすすめ!新潟のスパークリング日本酒5選

新潟といえば日本酒。でも飲みにくくて苦手な方も多いのでは?そんな方におすすめなのが『スパークリング日本酒』。飲みやすいので日本酒初心者や女性の方におすすめ。コンビニでも手に入るのでサクッと家で飲みたい時にもぴったり!そこで今回は新潟の酒造メーカーが販売しているおすすめのスパークリング日本酒を5つご紹介します。

今話題の『スパークリング日本酒』って?

上善如水スパークリングさんの投稿 2015年5月25日

皆さんも一度はスパークリング日本酒というワードを聞いたことがあるのでは?

名前からして「シュワシュワした日本酒」というのは大体想像がつきますが、その正体は一体なんなのか…。

さっそくスパークリング日本酒の魅力を調べてみました!

とにかく飲みやすい!

一般的な日本酒のアルコール度数は15度~20度が多いですが、スパークリング日本酒のアルコール度数は7度~12度のものがほとんど!

なるほど、だからお酒に弱い人でも好きになってしまうか・・・!

そして名前にあるように「スパークリング=炭酸」が入っているので、口当たりが爽やかで日本酒独特の後味が残らないのも女性に人気が高い理由です。

見た目がおしゃれ!

「日本酒ってオヤジ臭いな~。」なんて思っている女性も思わずかわいい連発間違いなし。

中にはパケ買いしちゃう人も多いんだとか!

これなら女性でも日本酒が買いやすいですね~♪

新潟のおすすめスパークリング日本酒5選

①酒蔵の淡雪/吉乃川

吉乃川初のスパークリング日本酒。
待ってました!という人は私だけじゃないはず!

麹由来のしっとりとした甘みとフルーツのような酸味がふんわり広がる様はまさにその名の通り「淡雪」

スリム缶なので重くなく、持ち運びも便利なのも嬉しい♪

アルコール分: 7度
容量    : 300ml

新潟直送計画でも販売中

吉乃川 酒蔵の淡雪(スパークリング) – 吉乃川

②上善如水スパークリング/白瀧酒造

「上善如水 純米 白こうじ」の造りで得たノウハウをもとに約10年も研究を重ねて作られた自慢のスパークリング日本酒。

えっ!10年も?!
なにそれ、気になる・・・!

その味は米からできたとは思えない甘口のジンジャエールのようなフルーティーさと喉越しなんだそう。

これならシャンパン感覚でがんがん飲んじゃいそうですね!

アルコール分: 11度以上12度未満
容量    : 360ml

③スパークリング大吟醸ゆきくら/玉川酒造

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014スパークリングSAKE部門金賞受賞
大吟醸なのにスパークリングなんて!

どんだけいいとこ取りなお酒なんでしょう…。

甘口のお酒を炭酸がキリッと引き締めてくれるのでさっぱりとした味わいに♪

アルコール分: 12度
容量    : 720ml

④発泡性純米酒あわっしゅ/原酒造

☄あわっしゅ☄ ワイングラスで美味しい日本酒☄ 日本の夏の乾杯に💫グラスに注ぐと、きめ細やかな泡立ちと 爽やかな香りが立ち上がります。 お米の織りなす上品な甘み、爽やかな酸味が 特徴です。このお酒の炭酸はシャンパンと同じ瓶の 中での 自然二次発酵によって発生する炭酸ガスです。 人口的な炭酸ガスをあとから加えたものではないので、 日本酒の甘み、炭酸の爽やかさが見事に交わっています。 #あわっしゅ#日本酒#発泡性純米酒#和風シャンパン#日本酒lover#新潟の酒#日本の夏#やっぱり日本酒#美味しい日本酒を知ろう

八木酒舗さん(@yagi_sake)が投稿した写真 –

自然発酵の炭酸だからこそグラスに注いだ時の泡立ちはきめ細かく、その喉越しは言うまでもなく抜群。

アルコール度数が低いので食前酒やデザートと一緒に飲むもにもぴったり♪

これは女子会には間違いなくはずせないお酒になること間違い無し!

アルコール分: 7度
容量    : 320ml

⑤純米ぷらちなスパークリング/市島酒造

やわらかな泡とほんのりとした甘みについつい飲みすぎてしまう人が続出

青のシンプルなラベルは男女問わず、人気が高そう!

ちょっとしたギフトにも喜ばれそうですね。

“ぷらちな”のネーミングにぴったりな白く輝く色味はロマンチックな夜の演出にもぴったり♪

アルコール分: 11度
容量    : 320ml

飲んでみたい!と気になったあなたへ

コンビニで気軽に手に入るものも多いので、さっそく今晩のお供にいかがでしょうか?

日本酒初心者の方や女性へのギフトにもおすすめです!

すっきりとして飲みやすく、見た目もおしゃれなスパークリング日本酒はリピート間違いなし♪

新潟のお中元ギフト
ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事