【究極のTKG】燕三条イタリアンBitの黒トリュフ舞うTKGが豪華すぎてけしからん!

TKGと言えば、そう「卵かけご飯」です。炊き立ての白米に黄身がプルン!とした新鮮な卵を乗せて醤油なりかけて、カッカとかき込む…日本人のソウルフードの1つです。新潟市中央区にある超人気店Bitの「イタリア産フレッシュトリュフの卵かけご飯」が豪華すぎてけしからんと巷で話題になっています。

【究極のTKG】Bitの黒トリュフ舞うTKG

TKGと言えば、そう「卵かけご飯」です。

炊き立ての白米に黄身がプルン!とした新鮮な卵を乗せて醤油なりかけて、カッカとかき込むのが最高なソウルフードの1つです。

そんな我らがTKG界隈に数年前からザワつきがおきています。

なんと、トリュフをがっつりトッピングした【究極のTKG】があるとの噂!

さっそくレポートしてきます!

店名は「燕三条イタリアン」ですが、場所は新潟市内、古町のあたりにあります。今話題の超人気店ですよ!

究極のTKGとご対面!

オーナーシェフ秋山さんによる豪快な削りっぷり

staff01
出典:bit2013.com

噂の「究極のTKG」。今回作って頂いたのは、オーナーの秋山シェフ。

なんと9月に東京銀座に2号店を出したツワモノ。

しかも居酒屋甲子園2016で優勝したツワモノ。

地元新潟(特に燕三条)と食をこよなく愛し、飽くなき探求心と冒険心でイタリアンに革命を起こし続ける存在。

もはや先生です。

では、先生、お願いします。

手袋をした先生の手が黒トリュフをしっかりと握り、

シャッ シャッ シャッ シャッ・・・

img_7655

おおおお~~~~

すでに芳醇な香りが漂ってきます。

すでに卵の姿が見えていません。

お~い卵、TKGだし、黄身(君)が主役じゃないんか~い!なんつて

くだらないギャグに耳を貸さない先生の手は止まることなく黒トリュフをガンガン削っていきます。

最終的にはこんなことになっちゃいました。

img_7657

むむむ・・・これはけしからん!

ちなみに、ご飯が入っているのは、スノーピークのコロダッチポットです。

コロダッチでごはんを炊くと、非常においしいんですよ!

燕三条Bitでは、オーナーの地元・燕三条のクラフトマン達が丹精込めて作った伝統工芸品がテーブルウェアに多く使われています。

今話題の一品です。

もはやこれはTKG(卵かけご飯)ではなくトリュフがけご飯ですね!!

ちょこっとこぼれたトリュフまで勿体なくて指にくっつけて集めたい庶民の衝動。

これはもう「死ぬまでに食べておきたいグルメ〇選」とか、そういうやつに入るレベルと言えそうです。

まだ体験していない方は、ぜひこの機会に【究極のTKG】に出会ってみてはいかがでしょうか。

p024272964_480
出典:hotpepper.jp

※トリュフは季節によって異なります。黒トリュフ、サマートリュフなど。
※トリュフの仕入れにより料金は変動致します。ドキドキする方はご予約時に時価を聞いてみましょう。

bit
出典:hotpepper.jp

店舗情報:燕三条イタリアン Bit

住所:新潟市中央区新島町通1ノ町1977
電話番号:025-201-7933
Lunch:11:30-15:00
Dinner:平日・日曜 18:00-23:00 金・土・祝前 18:00-24:00
定休日:火曜日定休、その他不定休
URL:ホームページ

新潟のお中元ギフト
ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事