夏のおすすめスポット!胎内市のカンガスブルーベリーファームでブルーベリー狩りしてきた!

胎内市中村浜にあります「カンガスブルーベリーファーム」には、広大な敷地に約5500本のブルーベリーの木があります。6月中旬から9月中旬には毎年ブルーベリー摘みができ、週末は親子連れを中心に多くの人で賑わっています。太陽の恵みをいっぱい受けて甘くなったブルーベリーはそのまま食べてもよし、スイーツ作りやジャム、スムージーにしても美味しいですよね。私もカンガスブルーベリーファームに行って美味しいブルーベリーを摘んで来ましたのでご紹介します。

カンガスブルーベリーファームってどんなところ?

場所はここ!

新潟市内から車で蓮野インターを降りて村上方面に向かって海沿いを走ると…

見えてくる親鸞聖人の像!

大きい…

その親鸞聖人の向かいにカンガスブルーベリーファームがあります

駐車場は100台くらい入れます。大型車もOK!

ブルーベリー畑の特徴は?

こちらのブルーベリーは、約20,000平方メートルの広い敷地に5500本ほどの木があるそうです

北部ハイブッシュ系ブルーベリーや、ラビットアイ系ブルーベリーなど約24種あり、来園する時期によって摘み取れる品種が変わります

いろんな品種が食べられるのは魅力的ですね!

栽培方法はオーガニック栽培

オーガニック栽培とは、日本語でいうと有機栽培のこと。

無農薬なので、お子様にも安心して食べさせることができます!

入園のご案内~♪

入場料は小学生以上500円。

摘み取りしたものは100g200円、販売の場合は250円。

最初に入場料を支払って、摘んだブルーベリーを入れるバケツを貸してもらいます。

制限時間は入園時間より40分。

食べ放題なので摘んでは食べて、ツンでは食べてが楽しめます!

ブルーベリー摘み開始!

では、さっそく摘み取り開始です。

味見をしつつ、美味しそうな木を見つけたら素早くバケツの中へ!

足元はウッドチップが敷き詰められていてふわふわです。

柔らかい良質な土壌だからでしょうか、カブトムシだっているんですよ!

あ、でも今回は時間がないからカブトムシは我慢。。。

ブルーベリーを摘み終えたら…

農園の方に摘んだ重さを測ってお支払い。

ちょぴっとオマケしてもらったから今回摘んだ量はだいたい1.5kgという結果でした!!

休憩スペースで寛ぐこともできちゃう!

ブルーベリーを摘んで喉が渇いたのでお茶をいただきます。

休憩スペースもしっかりあるので、お弁当やおやつを持ってきてもいいですね!

ブルーベリー狩りは夏の期間ですから、日陰で休んでしっかり熱中症予防をしたいですよね。

我が家では…

摘んだブルーベリーの半分をジャムにしました。

無農薬で無添加物のブルーベリージャムはパンやヨーグルトと一緒に♪

残りの半分は冷凍すれば、長く使えます

でもそのほとんどの冷凍ブルーベリーは、アイス代わりに子供たちがポリポリ食べたりしています(笑)

冷凍のままミキサーに入れてスムージーも簡単に作れちゃうし、お酒と合わせてカクテルにしても楽しいですよね。

さいごに…ブルーベリーは栄養価の高いフルーツ!

ブルーベリーにはポリフェノールの一種アントシアニンが豊富です。

眼精疲労の回復生活習慣病の改善などに効果があり、ブルーベリーを使ったサプリメントも人気ですよね。

前述した通り、この農園にあるブルーベリーの品種は北部ハイブッシュ系とラビットアイ系ブルーベリーで、どちらもアントシアニンの量が多いブルーベリーの品種です。

皆様もぜひ摘み取りに行かれてみてはいかがでしょうか?

※期間は9月中旬となっていますが、なくなり次第ブルーベリー摘みは終了になりますので、来園予定の時期が8月下旬以降になるようでしたら一度お問い合わせしてから伺うのがいいかもしれません。

店舗情報

住所:〒959-2708 新潟市胎内市中村浜2-29
電話番号:090-7907-0140
営業時間:9:00~17:00(ブルーベリー狩りは6月下旬~9月中旬)
URL:カンガスブルーベリーファーム

新潟 ホームページ制作
ライター募集

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

新潟永住計画の最新記事をフォローできます。

この記事に付けられたタグ

編集部からのオススメ記事